神奈川県の美容皮膚科でできるシミ取り治療

痛みに弱いため薬を使った治療を行うことに

シミ取り治療 神奈川こちら神奈川のシミ治療

シミが気になり治療を受けるべく美容皮膚科へ | 痛みに弱いため薬を使った治療を行うことに | 即効性は無いが痛みが無く効果を実感できた

ちなみにどんな薬を使うかというと、レチノイン酸とハイドロキノンです。
ドラッグストアなどでは売られていない医薬品で、美容皮膚科や美容外科などで処方してもらうことが出来る塗り薬です。
また私が選んだ神奈川の美容皮膚科では、ビタミンCの飲み薬とトラネキサム酸も同時に処方してもらうことが出来る所です。
ビタミンCはターンオーバーを活性化させてくれたり、トラネキサム酸も肝斑によく使われたり一般的なシミでも治療で使われるということで、処方してもらえます。
レーザーやフラッシュほどは即効性はないけれど、痛みを感じることはないし、ターンオーバーも強制的に起こせてなおかつハイドロキノンで漂白できるので徐々にシミが薄くなっていくと説明を受けました。

【シミ取り治療で追加料金はかかる?料金体系を知って不安解消】
目次
1.シミ取り治療で追加料金がかかることはある?
2.追加料金になる可能性が高いのは?
3.消したいシミ以外を提案されることはある?
4.まとめ#beautywind #シミ取り #茶テープ #レーザートーニング https://t.co/BKoIsMwZsZ

— beauty-wind公式 (@beautywind1) February 3, 2020
濃度は最初は低い物から出してもらって、徐々にあげていくという感じです。
最初に診察を受けて、薬を使い始めて2週間ほどしてまた受診しましたが、その時点で最初に感じた変化は顔の皮がむけてくることです。
びっくりするぐらいむけてしまって、これは大丈夫なのかと不安になりました。
しかし相談してみると、それはレチノイン酸の効果の一つで、強制的にターンオーバーが行われているから大丈夫とのことでした。
ハイドロキノンやレチノイン酸は個人輸入でも今は購入することが出来ますが、やっぱり使うのが初めてですと医師に相談しながら使えるという安心感は大きいです。